IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> IT転職の志望動機はどうする?

IT転職の志望動機はどうする?

IT業界に転職する際、志望動機をどうしたらよいか迷うと思います。しかし志望動機は面接の際、必ず聞かれる質問です。「転職エージェントから紹介されたから」という理由は、たとえそれが事実であってもNGです。社会人としての常識を疑われてしまいます。また「年収がアップするから」「以前の会社より勤務条件が良いから」といった理由もNGです。「当社より勤務条件の良い企業があれば、そちらに転職するな」と考えられるからです。IT業界でエンジニアとして長らく勤務していると、一般常識を忘れてしまいがちです。では転職を成功させる志望動機はどのようなものなのでしょうか。

志望動機は大きくわけて3つの部分に分けて考えます。「なぜ御社なのか」「なぜ転職するのか」「自分はどう御社に役立つのか」の3つです。この3つのうち、1点でも外してしまうと、突っ込んだ質問をされるか、面接は失敗に終わることが多いでしょう。

ではまず「なぜ御社なのか」を考えましょう。この部分をしっかり伝えるためには、面接を受ける企業について精通している必要があります。事業内容、会社の規模、これまでの成果などを数分で話せるようにしておきたいものです。採用担当者に「うちのことをよく知っているな」と思わせることが重要だからです。例えば「御社の開発した〇〇というソフトに興味を持ちました」といった具合に、具体的な事例をあげることは効果的です。漠然と「御社は将来性が有りそうだから」といった志望動機はNGです。

「なぜ転職するのか」は、必ず志望動機に含めたほうが良いでしょう。実は転職については、いまだに偏見のある採用担当者も多いのです。もちろん、含めなくても絶対に聞かれる質問ではありますが、志望動機に含めることで転職というマイナスイメージを、プラスの方向に持っていくことが可能です。例えば「御社の事業のうちセキュリティー分野で、より実践的な経験を積みたいと考え、思い切って転職することにしました」といえば、転職の持つ負のイメージは幾分和らぎます。間違っても前の会社の悪口を言わないようにして下さい。

最後に「自分はどう御社に役立つのか」を具体的に説明します。今まで携わってきた業務内容を具体的に説明しつつ、その経験が転職先企業にどのようなメリットをもたらすのかを説明すると良いでしょう。具体的な数字をあげられれば、さらに好印象になります。いずれにしても志望動機は面接時の重要なポイントです。転職エージェントを活用されているなら、入念に面接対策を行いましょう。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.