IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> 第二新卒でIT企業へ転職するには

第二新卒でIT企業へ転職するには

IT業界で第二新卒として転職する場合、どのようなことに気をつければよいでしょうか。そもそも第二新卒の採用は、新卒として入社したものの数年で退職した方を対象にしています。年齢でいうと25歳前後まで、と考えて下さい。第二新卒としてIT転職したい場合、気をつけたい点が3点あります。面接対策とスキル対策、それから企業選びです。

まず面接対策です。第二新卒ということは、当たり前ですが前の会社を退職したか、退職予定かということになります。なぜ退職するのか、その理由を明確にしておく必要があるでしょう。「社風に合わなかった」「やりたいことと違った」程度の理由では、若年者を優遇する雰囲気のあるIT業界でも、転職は難しいでしょう。だれの意志でもなく、自分の意志で入社した会社です。その会社を辞めるわけですから、それ相応の理由が必要となります。この際、間違っても前の会社の悪いところを話さないようにしてください。面接が打ち解けた雰囲気になっても絶対にNGです。自分はどんなビジョンを持っていて、前の会社はこういう事業展開をしていて、このため転職を考えた、という方向性で志望動機を語ると良いでしょう。

第二新卒でIT転職を考える場合、スキル対策は必須です。プログラミング言語などのスキルをある程度マスターしないうちに転職をしても、優良企業からは相手にされません。結果、いわゆるブラック企業に転職することになり、転職を繰り返す悪循環に陥ってしまうからです。たしかにIT業界では転職を早めにしたほうがよいのは間違いありませんが、転職の際のスキル対策はしておく必要があります。場合によっては、数年在籍してから転職を考えたほうが結果的にうまくいく場合もあります。

第二新卒でIT転職を考える場合、転職先の企業を慎重に選ぶことが重要です。というのは第二新卒で転職を考えるということは、年齢が25歳前後のはずです。IT業界では30歳前後で今後のキャリア展開が決まってくると考えられています。その30歳までの貴重な数年間を過ごすわけですから、絶対に妥協は禁物です。年収の大小で転職先を決めないで下さい。自分がどんなキャリアを形成していくかをしっかり考えたうえで、転職先を決めると良いでしょう。とはいえ経験が浅いと、どんなキャリアを形成できるのか分からない場合もあるでしょう。そうした場合、IT業界専門の転職エージェントを活用し、個人面談の際に相談してみると良いかもしれません。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.