IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> IT転職に有利な年齢は?

IT転職に有利な年齢は?

IT業界で転職に有利な年齢はあるのでしょうか。どの年齢でも問題なく転職できます、とお伝えしたいところですが、残念ながら「旬」の年齢があるのがIT業界です。一般的には、20代後半から30代前半がIT業界で転職する旬の年齢です。30代後半になると、転職のチャンスは少なくなるのが現状です。実はIT業界でない業界の場合、転職に適した年齢は30代後半であることが一般的です。ではなぜIT業界では、早めの転職が有利なのでしょうか。

実は40代、50代のエンジニアやプログラマーは、数が少ないのがIT業界です。そもそもIT業界は設立後20年以内の会社がほとんどで、さらにその過半数が10年以内に設立した会社であると言われています。当然、勤務しているスタッフも20代、30代が中心となります。では20代、30代が中心の企業に、40代で転職を希望して採用されるというのは、現実的でしょうか。残念ながら難しいと言わざるをえません。IT業界は業界全体が若い分、転職も早めに行う必要があるのです。

特に30歳は社会人としても節目の年齢です。新卒で入社して順調に社会人として経験を積んできたのであれば、IT業界の転職には最適の年齢です。20代前半で言語を叩きこまれ、20代後半でプロジェクトの構造を理解できるようになり、そろそろマネージャーとしての役割も身についた年齢だからです。一般的にIT業界は30代のうちにマネージャーや管理職といったポジションを確保できないと、後が厳しいと言われています。実際、40代でただのエンジニアで在職している方の多くが、異業種への転職を考えていると言われています。こうした背景を考えると、できれば転職は早いうちに行いたいものです。

なかには40代、50代の方が数多く在籍しているIT業界の企業も存在しています。もちろん仕事ができるなら問題ないのですが、こうした企業は社内が年功序列型であるケースが多く、こうした企業に転職できたとしても実力が十分に評価されないため、満足度が少ないかもしれません。年収アップにつられてこうした企業に転職してしまうと、その後のキャリアの展開がなくなってしまいます。

IT業界で転職をする際には、早めの行動とともに、今後のキャリア展開を考えることが重要になります。IT業界にはIT業界に精通した転職エージェントが存在しています。こうしたエージェントを活用すれば、今後の展開も考えた転職が可能となります。IT業界では転職に有利な年齢がありますから、旬を逃さないためにも、明確なビジョンを持った転職を行いたいものです。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.