IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> 社内SEとしてIT企業へ転職するには

社内SEとしてIT企業へ転職するには

IT業界で転職希望が多い職種というと、社内SEがあげられます。社内SEといっても、どの程度の規模の会社で社内SEとして勤務するのか、社内SEは一人なのか、それともチームなのかによって、勤務体系や待遇、給与は大きく異なります。それでも社内SEの人気がある理由としては「仕事内容が楽だから」という理由がほとんどでしょう。

納期に追われるエンジニア、チームと納期の板挟みになるマネージャー、クライアントからは無理を言われチームからは悪口を言われるIT営業職、などIT業界はどの仕事も決して楽ではありません。しかし社内SEの業務内容は、自社のシステムの企画、保守点検や運用、社員に対してのテクニカルサポートなどが主な業務内容となります。開発に頭を悩ませることもなく、納期追われることもないわけですから、IT業界の転職先として人気が出るのもわかります。

さて社内SEに転職したい場合、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。まず社内SEはキャリアアップに繋がりにくい傾向があります。また社内システムの企画・開発という業務内容で転職したものの、実際の業務はワードやエクセルなどを高齢の役員に教えることだった、という笑えない体験談もあります。

ソフトウェア関係とは縁がない会社に社内SEとして転職した場合、社内システムの運用というよりは、総合職への技術サポートを含めた雑用的なポジションに置かれることもあります。ソフトウェア関連会社やネット関連会社など、社内SEが複数いるIT企業の場合でも、注意が必要なケースが有ります。業務が完全分業制となりやすく、スキルが向上しにくい場合があるからです。IT業界の流れから取り残されているように感じる社内SEも多いと言われています。

こうしたメリット・デメリットを考えたうえで、社内SEに転職するかどうかを決定されるとよいでしょう。キャリアの最終的な落ち着き先としても、社内SEは最適といえるでしょう。ただし、社内SEの求人数は決して多くはありません。

採用する企業としては、社内SEは社員全員と関わるポジションですから、人柄やスキル、コミュニケーション能力に対して求める水準は高くなります。従って間違いのない人材を確保するため、IT業界に精通した転職エージェントを活用することが多いと言われています。転職希望者も社内SEとして勤務したい場合、異なる業種に飛び込むわけです。異なる業界へのコネクションがない場合もあるでしょう。こうした場合、転職エージェントに登録して情報を得ることをおすすめします。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.