IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> 残業なしのIT企業へ転職するには

残業なしのIT企業へ転職するには

IT業界に勤務するビジネスパーソンの中にも、家族との時間を増やしたかったり、趣味の時間を充実させたかったりといった理由で残業のない企業への転職を希望される方も多いかもしれません。しかしIT業界は業界全体がブラック企業とも言われています。納期前は徹夜や終電は当たり前といった業界独特の雰囲気もあります。そんなIT業界で残業のないIT企業に転職することは可能なのでしょうか。もしあるとすれば、どのように求人を探すことができるのでしょうか。残業のないIT転職を可能にする方法は、大きくわけて2つあります。方法としては、企業の力に頼るか、自分のスキルに頼るか、ということになります。順を追って説明しましょう。

残業のないIT転職を可能にする方法としては、IT企業の力に頼る方法があります。転職先の企業が特定の分野で独占的、かつ圧倒的なシェアやブランド力を持っている場合、残業が少ない傾向があります。例えば、電力系、エネルギー系など社会インフラに関係しているIT企業があげられるでしょう。また鉄道系、航空系、高速道路系など、日本には独占的なシェアを持っている企業が数多くあります。こうした企業に関連したIT企業の場合、残業がないか、もしくは残業が少ない傾向があるのです。

とはいえ、こうしたIT企業は健全経営であることが多く、求人数も少ないことが多いのです。このため求人を公開してしまうと問い合わせや応募が殺到してしまうのです。従って転職エージェントなどに非公開求人として依頼するケースが少なくありません。残業の少ないIT転職を希望している場合、とりあえず転職エージェントに登録しておき、こうした求人が出るタイミングを待つことをおすすめします。

残業のないIT転職を可能にする方法としては、自分の持つスキルに頼る方法があります。これは自分しかできない何かを持つことといえます。社内に自分しかできないタスクがあるとすれば、自分のペースで仕事を行うことができます。つまり時間を自分で配分することができ、結果的に残業を減らすことができるのです。

同様の方法として、IT営業職に転職する方法もあげられます。エンジニアやプログラマーですと、納期が迫れば残業は当たりまえです。しかしIT営業職であれば「仕事を取ってくる」という成果を上げている限り、残業せずに定時退社しても誰も文句は言わないでしょう。エンジニアのなかには、営業のスキルが高いかたもいるはずです。思い切って転職してみる、というのも方法かもしれません。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.