IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> IT転職お役立ち情報 >> IT営業職で転職するには

IT営業職で転職するには

IT業界で営業職に転職を希望されている方もいらっしゃると思います。IT業界の営業職は、他の業界の営業職と方向性が異なる場合が多いと言ってよいでしょう。まず、通常の営業職の多くが個人に対する営業であるのに対し、IT業界の営業職はその99%が法人向けの営業となっています。このため、IT業界以外の業界からIT営業職に転職することは非常に難しいと言われています。

売るべき商品も全く異なります。通常の営業は物理的な形があるものを売るわけですが、IT営業職の場合はソフトウェアという形の無いものを売り込むわけです。目に見えないものを、顧客である企業などに分かりやすくプレゼンできなければ、ソフトウェアを売り込むことは不可能です。

さらにIT営業職は出来上がった完成品を売り込むケースだけではありません。これから開発を行うソフトウェアもセールスの対象になります。このため商品となるソフトウェアでどのようなことが可能になるかの把握だけでなく、開発チームのスキルも踏まえたうえで営業を行うことが重要になります。できないことを約束して契約を取ってきたため、開発チームから苦情の嵐、という話はIT業界では日常茶飯事と言ってよいでしょう。

つまりIT営業職にはソフトウェアに対する深い理解とともに、開発チームとのコミュニケーション能力も必要になるのです。またご存知のようにIT業界のソフトウェア開発は、下請け・孫請けが当たり前の世界です。元請けとのコミュニケーションが必要になる場合もありますし、下請けとの連携が必要になる場合もあるでしょう。こうした連携を取り仕切るリーダーシップも、IT営業職には求められるのです。もしエンジニアから営業職に転職したい場合には、全体の構造を把握する力を養う必要があります。

さてIT業界の営業職は、エンジニアとして向いていないという理由で営業職に回されているケースも見受けられます。このため、営業スキルがそれほど高くない営業職が多い現状があります。このため異業種での営業力が高い営業パーソンがIT業界に転職したい場合、チャンスは大いにあると考えて下さい。例えば完成品のソフトウェアの営業であれば、使用されている言語の理解が乏しくても大丈夫です。ソフトウェア自体の機能に通じることにより、十分営業職として活躍できるでしょう。こうした営業職を募集している企業も数多くありますので、転職エージェントなどを活用して探されてみてはいかがでしょうか。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.