IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> 人気の海外勤務特集 >> 台湾勤務できるIT転職なら

台湾勤務できるIT転職なら

世界有数の親日国といっても過言でない国が台湾です。昨今、中国での反日感情の高まりとともに、中国進出の足がかりとして台湾企業と提携する日本企業の数も増えてきました。なぜ日本企業が台湾企業を中国への足がかりにするのでしょうか。ご存知の通り台湾は非常に限られた国土となっています。このため加工貿易に力を入れてきました。実は台湾は、加工貿易で世界的なシェアを誇る企業が数多くある国なのです。例えば世界のスポーツバイクの80%以上は台湾で生産しています。またPCの要ともいえるマザーボード、グラフィックボード、HDDなどは台湾製のものが多いことはご存じだと思います。

しかしこうした加工貿易では限界が来てしまったのです。というのは、昨今ニーズがあるものとしてはタブレット端末やスマートフォンです。しかしこうしたIT機器を製造する台湾企業は、アップルやサムソンなどの企業に大きく水を開けられてしまいました。このため台湾企業は、古くからIT業界が発展している国柄を背景に、情報分野での中国進出をすすめているのです。

例えば台湾のネットワークインテグレーションのトップ企業は、すでに中国で大規模に事業を展開しています。またシステムインテグレーション、ソフト開発のトップ企業はすでに中国で数十箇所の事業所を持つまでになっています。こうした企業の多くは、国際提携を積極的に行っています。このため中国進出の足がかりとして、日本のIT企業も台湾の会社と提携することが多いのです。

こうした背景を考えてみると、台湾勤務のIT転職を行うためには、台湾企業との国際提携を視野に入れている日本のIT企業を見つけることが近道かもしれません。とはいえ、こうしたプロジェクトは極秘に進められるものです。一般の求人サイトなどに情報が掲載されるケースはまずないと考えて下さい。こうしたプロジェクトに携わるスタッフの求人情報を持っているのは、転職エージェントかもしれません。IT業界に精通した転職エージェントも存在していますから、登録して話を聞いてみるのも良いでしょう。

さて、台湾勤務のIT転職を成功させるうえで、台湾独特の文化を考えることは欠かせません。実は台湾は、日本のように頑張って仕事を納期までに仕上げるという文化はありません。生活の質を追求する台湾人が少なくないため、定時退社は当たり前、休日はしっかり休む、といった文化が定着しています。また会社が得た利益の一部を、社員が分配するという日本にはない文化もあります。こうした文化的な背景も考慮に入れると、IT転職は成功しやすくなるはずです。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.