IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> 人気の海外勤務特集 >> フィリピン勤務できるIT転職なら

フィリピン勤務できるIT転職なら

IT転職でフィリピン勤務を希望される方も少なくないのではないでしょうか。実は最近、英語の語学留学をするため、アメリカでもイギリスでもなくフィリピンに留学する学生が急上昇しているのです。背景となっているのは日本からの物理的な距離、物価の安さ、そして英語レベルの高さです。この英語レベルの高さを生かして、フィリピンのIT業界は独自の成長を遂げてきた背景があります。ご存知の通り、IT業界が最も早くから発展した国はアメリカです。言語的な障害がなかったため、フィリピンはいち早くアメリカからIT技術が流入したのです。日本より早くブロードバンドが整備されましたし、IT教育についても早くから国策として行われています。

こうした背景がフィリピンにはあるため、現在日本企業の現地法人が多数フィリピンで設立されています。特にエンジニアリング分野の日本企業のフィリピン進出は目覚ましいものがあります。また、ソフトウェア分野の日本企業も数多くフィリピンに進出しています。目的としてはコストダウンです。例えば、フィリピンの一般的なエンジニアの給与は日本円に換算して10万円以下です。人件費だけで70%以上のコストダウンが見込めるわけです。

しかしこうしたメリットを計算してフィリピン進出をしているのは日本企業だけではありません。英語が公用語という背景があるため、欧米系のIT企業も続々とフィリピンに進出しているのです。このためフィリピン、特に都市部のIT業界は慢性的にエンジニアが不足しています。IT転職でフィリピン勤務を考えた場合、見通しは明るいと考えて良いでしょう。

ただし日本企業にしても欧米系の企業にしても、フィリピン勤務するためには英語力が欠かせません。特にどこのメーカーもコストダウンを図るためにフィリピンに進出しているのです。ハイレベルの英語力、ハイレベルのスキルを持っていなければ、コストの高い日本人エンジニアを採用するメリットはないかもしれません。つまり現地で採用されることは、非常にハードルが高いといえるでしょう。このためフィリピン勤務のIT転職を成功させるためには、日本企業に採用された後、フィリピンに勤務するという方向性がベストをいえるでしょう。

さて最後になりましたが、フィリピン人は非常に時間にルーズです。待ち合わせに数時間遅れることは珍しくありません。当然IT業界で重要視される納期も、しっかり管理しないと守ることが難しくなります。こうしたコミュニケーションを上手に取ることが、フィリピン勤務のIT転職を成功させる鍵といえるでしょう。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.