IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> 人気の海外勤務特集 >> ドイツ勤務できるIT転職なら

ドイツ勤務できるIT転職なら

ご存じのようにドイツはEUの盟主的存在で、世界第4位の経済大国です。メルセデス・ベンツ、アウディ、BMWなどの車のイメージは、そのまま質実剛健なドイツのイメージと重なるかもしれません。ドイツというと、ものづくりのイメージが強いかも知れません。しかしドイツは世界有数のIT大国なのです。例えば、ドイツレテコムはEUで最大の情報通信企業です。また照明でおなじみのシーメンスは世界有数の通信・交通メーカーでもあり、数多くの国の鉄道システムを支えています。

ではドイツ勤務が可能なIT転職を行うためにはどうしたら良いのでしょうか。まずおすすめできるのは、ドイツ企業の日本支社、あるいは日本企業のドイツ支社、日本企業とドイツ企業の合弁会社などにアプローチすることでしょう。日本企業のドイツ支社であれば、ドイツ語に堪能である必要性はありません。待遇も日本企業の社員ですから、安心して働くことができるかもしれません。

しかしIT転職としておすすめしたいのは、ドイツ企業に入社することです。例えば、日本のIT業界は「35歳定年説」ともいわれていることからも分かるように、20代後半から30代前半がエンジニアとしての旬といえるかもしれません。しかしドイツは異なります。実はドイツでは、大学を卒業する年齢が平均して20代後半です。このためドイツのIT業界では40代でも年齢的なハンディは少ないのです。つまり日本のIT業界で旬を過ぎたと言われる年齢であっても、ドイツなら十分に転職の道が開けることになります。

ではどのようにドイツ企業に転職できるのでしょうか。ドイツは転職大国でもあります。この点は大学を卒業して入社するいわゆる新卒者が優遇される日本と大きく異なります。このため、ドイツ企業にIT転職するためには語学さえなんとかなれば、道が開けるはずです。もちろんドイツ語に加え、英語も必須ですが、ドイツ人自体も英語は第二外国語であるため、高いレベルは要求されにくいといえるでしょう。

この点でおすすめしたい方法は、日本国内に支社を展開しているドイツ企業に転職することです。前述のドイツテレコムやシーメンスも日本国内に支社を展開していますから、こうした企業から出されるIT求人をチェックすると良いでしょう。また外資系企業に強いIT業界専門の転職エージェントも情報を持っている場合があります。こうした転職エージェントは、ほとんどの場合登録無料ですから、活用してみるもの良いかもしれません。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.