IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】

TOP >> 人気の海外勤務特集 >> 中国勤務できるIT転職なら

中国勤務できるIT転職なら

人口の多さを背景に、いまや世界第二位の経済大国とも言われ始めている中国。もはや「世界の工場」としての役割は揺るぎないものとなっています。ご存じのようにものづくりとIT業界は切っても切れない関係です。生産するための機械の制御にはIT系エンジニアが必要ですし、中国全土の生産拠点をカバーするためのネットワークも必要だからです。では中国に勤務できるIT転職は可能なのでしょうか。やり方しだいで十分可能といえるでしょう。順にご紹介したいと思います。

まずは中国企業の日本法人に転職する方法があげられます。とりあえず日本国内で実績を出してから、中国勤務の希望を出すことになります。IT業界の場合、中国勤務の希望が通らない可能性は低いでしょう。生活環境が日本ほど良くありませんし、反日感情などの問題もあります。IT系のエンジニア・プログラマーにかかわらず、中国勤務はなんとかして避けたいと思うのがビジネスパーソンの本音といえるでしょう。しかしそれでも成長を続ける中国で勤務したいと思うなら、それなりの準備が必要となります。

まず中国企業で勤務するなら、中国語は必須といえるでしょう。特に開発チームのマネージャーとなる場合は高い中国語力が求められます。それもただ話せれば良いというレベルではありません。一言で中国語と言っても、北京語と広東語では発音からして全く異なります。また地方に行けば行くほど訛りが強くなり、中国語のネイティブですら聞き取れないことは日常茶飯事といえます。マネージャーともなれば、地方から出てきたエンジニアとコミュニケーションが図れなければ仕事になりません。このため中国語のマスターは必須といえるでしょう。

ただし日系企業のエンジニアや社内SEとして働く場合は、日常会話レベルの中国語で十分です。日系企業であれば開発チームに数人の通訳がつくことが通常です。中国語ができなければ仕事にならない、ということはないでしょう。現地採用であれば、日本での就職活動ほど大変ではないかもしれません。ただし給与レベルや社員としての待遇は、現地の中国人と同レベルになる可能性が高いでしょう。

中国は圧倒的に人口が多いですから、将来的に世界最大級のIT大国になる可能性を秘めています。このため、日本のIT業界でも進出を伺っている企業が多々あるはずです。こうした情報を転職エージェントなどから入手できれば、中国勤務が可能な転職先を見つけることができるでしょう。

>>IT転職エージェント人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2014 IT転職エージェント人気ランキング【※大手サービスを徹底比較!】 All Rights Reserved.